世界に誇る日本の腕時計ブランド

時計のブランドについて

時計のブランドぐらい訳の分からない物はありません。だいたいブランドとは、メーカーとは別なのでしょうか。自分も腕時計を中学生の頃はリコーを中三に成るとセイコーに替えて最近まで使っていましたが今は父親譲りのシチズンの電波時計を使っています。腕時計も今の携帯電話のようにいろんな機能がありどれを選ぶかは人それぞれで千差万別でしょう。自分もリコーの腕時計の時は短針に外側をクルクル回る回転板のような物のTOKYOに合わせると世界中の都市の現在時刻が解ると言う便利な物でした。学校から自宅に帰って来ると壁にぶつけてしまい回転板が取れてしまいました。セイコーの時計は極めてシンプルでした。もちろんリコーの物と同様のアナログの時計で時間を見るだけで特別な機能がなく何回丸い小型の電池を交換したかわかりません。

しかし、交換するのは電池だけではありません。1991年の秋に派遣の仕事で岡山県の児島市で働いていたのですが腕時計のベルトがはまらなくなりました。困った物です。それで、寮の近くに天満屋と言うデパートがあったのでそこの一階の時計屋さんで交換しました。同じシルバーの物にしました。それから、今の電波時計は電波で時間を調節するので短針の9時の方向に電波塔を合わせなければ成りません。使わない時にその方向に合わせていれば良いのです。自分の場合高知県に住んでいるので福岡県の電波塔なので北西の方向に合わせています。それに、時計と言っても腕時計だけでないので目覚まし時計や壁掛け時計など必要な時に買っています。景品などもあります。

Copyright (C)2017世界に誇る日本の腕時計ブランド.All rights reserved.